アーユルヴェーダ ブログ

シロダーラとは2 Shirodhara

Shirodharaは、
不安、ストレス、疲労、高血圧の症状を緩和するのに役立ちます。
緊張、心配、恐怖、頭痛、うつなどの症状
を和らげます。

 

快楽を与えてくれます。

Therapie shooting Therme Loipersdorf

それではどのような具体的な症状に
シロダーラは適していると言えるでしょうか?

代表的なものをあげてゆきます。

ストレス(PTSDなど)

benches-1842610_1280
Shirodharaは、PTSDのバランスのうち、
主要なdoshaである過剰なvata doshaを軽減します。
神経系を落ち着かせるとPTSDの症状を緩和するのに役立ちます。

 

不眠症など(SWSDなど)

Shirodharaは伝統的に睡眠障害に有効ということでも知られています。
ミルクのシロダーラはまた効果的です。
このプロセスは、睡眠サイクルに大事なメラトニンを産出する松果体腺を刺激する。
それは不安定な心を落ち着かせ、休息を誘発します。


夜勤の方へ

あなたがもしも夜勤の場合、
あなたの起床と睡眠のサイクルが太陽の自然なリズムと同期していません。
そんな場合もshirodharaは疲労を取り除き、
エネルギーを回復し、ドーシャの調和を取り戻すのに役立ちます。


時差ぼけ

時差ぼけに苦しんでいる場合も、
眠りや睡眠のパターンをリセットしたり、
疲れを取り除いたりできます。


高血圧

シロダーラは、
高血圧の方にも有効であると言われています。

 

Shirodharaはまた健康を維持し、
幸福、明快さ、落ち着き、
そして免疫力を高めようとする
健常者のための素晴らしいリラクゼーション方法です。

 

Shirodharaは、深いリラクゼーションを促進し、
疲労を和らげ、身体と心を活性化させ、
活力を回復させます。

 

エネルギーレベルのバランスを取る

休息とリラクゼーションを必要とする場合、
それをあなたに提供します。
あなたがよく眠っていて
健康的であるならさらばる明快さを与え、知覚を高めます。

Shirodharaは、
ストレスや心配、不安などを和らげ、
ドーシャのバランスをとり、あなたの免疫力を高めます。

 

Shirodharaを受けると

ストレス、心配、過度の考えを和らげ、
まるで瞑想のように完全な弛緩を与えることで
自然に顔をリラックスさせて

若返らせてくれます。

 

シロダーラの禁忌

close-1013750_1280

妊娠の第3三半期

額や頭皮に発疹がある人

脳腫瘍、頚部傷害、頭部の傷または切れ、

発熱/悪寒、急性疾患、

吐き気、嘔吐、重度の衰弱、

疲労、失神、発汗などです。

 

シロダラとは

シロダラは古代アーユルヴェーダ療法です。
暖かい油(または他の液体)は、
額の「ajna marma」(神経が高濃度に集中する領域)
に連続した流れで注ぎ込まれます。
額へのオイルの圧力は振動を作りリラックスさせます。

油は額と頭皮を飽和させ、神経系に浸透します。
オイルの穏やかな圧力と穏やかな暖かさが、
身体、心臓、神経系を癒し、
瞑想と同様に深い休息状態を経験させてくれます。

 

シロダーラが合う人とは

shirodharaはVataやPitta ドーシャの方にとって有益です。
バランスがとれていないとき、
Vata doshaは恐怖、不安、心配、などが出ています。
Pitta doshaは、怒り、気持ちの悪さ、欲求不満、判断力などが出ます。

このような症状が大きい人にシロダーラがとても有効です。
シロダーラは額、頭皮および神経系を癒し、
ドーシャを鎮静化し、栄養を与え、バランスをとります。

 

動の要素ヴァータ、火のようそピッタを非常によく癒してくれます。

 

日本人は忙しく、仕事熱心なヴァータピッタの人が非常に多いので
シロダーラはぜひ日本人に受けていただきたいです。

 

以下はアーユルヴェーダ・インスティテュート
「アーユルヴェーダ・トゥデイ」で、
アーユルヴェーダの開業医エド・ダナが、
シロダーラがどのようにストレスに影響するかの説明を参考としたものです。

 

ストレスとは

アーユルヴェーダによれば、 プラナヴァーユ、
sadakaピッタ、tarpakaカパの不均衡の状態です。
シロダーラは、これらの 不均衡を緩和するのに役立ちます。

その研究では、前額部に落下する油の穏やかな圧力もまた同様です。

 

シロダーラの手順

特定の圧力や振動は、額の上にあてます。 振動は距離によって増幅されます。
振動は、その後、脳脊髄液(CSF)の流体媒体を通して内向きに伝達される。
温度の低いこの振動は、視床や脳の機能を活性化し、
セロトニンおよびカテコールアミンの量を睡眠を誘発する正常な段階にしてくれます。

圧力は触覚および熱の受容体を介して
神経インパルス(興奮などの神経伝道のこと)に影響を及ぼすと、
生理学の現代テキストで説明されています。

 

神経に長時間の圧力が加えられると、
神経インパルスと身体の一部が休まることがあります。

 

ダーラ療法では、原因薬用液体を注ぐに長時間、
連続圧力は、心の静けさを引き起こし、
自然な睡眠を誘導することができます。

 

シロダーラ方法


あなたがシロダーラを初めて知り、
治療を受けたい場合は、
セラピストに次の
3つの重要なポイントを観察するよう依頼してください。

 

1.沈黙を観察する

音楽を演奏してはいけません。
携帯電話は電源を切って、
中断や会話はしないでください。

どんな騒音でも、外部の刺激から外れて精神的な休息が必要です。

 

2.部屋の温度を気にする

部屋を十分に暖かくしてください。
クライアントが心地よい温度がベストです。

治療中に頭部は油で濡れてしまいますので、
処理中にクライアントが寒くならないことが非常に重要です。

もしそうなら不愉快になるかもしれません。
いくつかの毛布の層を使って、身体の種類をさらに癒すことができます。

暖かい月には、寒さに敏感な人や循環の悪い人のために毛布を手元に置きます。
私は部屋の温度が快適であることを確かめ、
できればシロダーラ用の冷暖房室を作りましょう。

 

3  適切な液体を選択してください

シロダーラ油は自分の憲法と気候のために慎重に選ぶべきです。
適格なアーユルヴェーダ開業医または訓練を受けたセラピストと相談して、

適切なシロダーラを探しましょう。
ゴマやヒマワリ油ベースのハヴオイルが良いでしょう。


ゴマやヒマワリ油も使用できます。
ごま油は温めるので、vata dosha。
ヒマワリ油は冷却されるので、pitta doshaに有利
です。

2つはしばしば一緒にブレンドされます。

 

ココナッツオイルを選ぶときは注意が必要です。
ココナッツオイルは体に冷却作用を持ち、
実際に体を冷たくさせることができます。

 

vataの不均衡がある人やvataの
支配的な人には使用しないでください。
暑い夏の間にピッタの不均衡(体内で熱が多すぎる)の人に
使用するくらいでしょう。

 

シロダーラの準備

shirodharaの予約をときは、
治療後に余分な休息が必要です。

Shirodharaは心と感覚をきれいにします。

この時間を利用し、治療後に不必要な刺激を避けてください。
大勢の人(コンサート、レストラン/バー、大規模な集まり)
を避け、残りを平和な1日にしましょう。

 

予約の前の食事は軽めにしましょう。
Shirodharaは消化器系に影響を与え、
完全な胃は知らされていません。

あなたの髪は油に包まれますので
万が一オイルがついてしまっても平気な服装を着用してください。

治療後少なくとも数時間は髪に油を残すことをお勧めします。
髪の毛に油を一晩ほど放置するのが最良です。

天気が涼しいあるいは寒い場合、
汚れても平気な古い暖かい帽子を持っていた方が良いです。

 

Shirodhara後のアドバイス


【髪の毛の洗い方】

水を浴びる前にシャンプーを毛髪に加えると良いです。
シャンプーは油をつかんでくれるので
より簡単に洗い流すことができます。

【カフェインを避ける】

カフェインは体内の不調和を作ります。
これは、 ドーシャのバランスを乱します。

【キチリ(おかゆなど)消化の良いものを取りましょう】

栄養価が高く、消化しやすい軽くて美味しいシチューなども良いです。
キチリを楽しむことで、クレンジングのプロセスを助け、
ドシャのバランスを維持するのに役立ちます。

【セルフケア】

shirodharaの効果がすぐにわからない場合は時間の経過とともに変化に気付くでしょう。

【適切なダイエットとライフスタイル】

砂糖、カフェイン、洗練された食事が多くならない方がベターでしょう。
米、オート麦、全粒小麦のような全粒粉を選ぶと良いです。
新鮮な果物、毎日の野菜を食べます。
高品質のタンパク質や乳製品を選択してください。

【食事と睡眠のための定期的なスケジュール】

日常の日常的なルーチンは、doshasの健康を維持します。
太陽の浮き沈みで目を覚まし、寝るようにしましょう。

【瞑想の勧め】

瞑想は身体と心のための究極の浄化法です。
まさにシロダーラの同じ利を持っています。

シロダーラ後から瞑想を習慣にしてみてはいかがでしょうか?

参考サイト http://ayurvedanextdoor.com/

 

サロン波のメニュー

関連記事

PAGE TOP