アーユルヴェーダ ブログ

highspeed-photography-1004250_640

流行りの糖質制限について

肉のパワー

私は以前玄米菜食を半年ほどやっていましたが、
当時の私は非常に体力がなく
ゼエゼエハアハア言っていて

 

たまに異常な食欲にやられ

 

ゴマや味噌を大量に食べたり、
常にご飯のことばかり考えてしまうという
サイクルにいました。

私には合っていなかったのですね。

 

それはまるでご飯のために生きる人生でした。
まあそれで良い人もいるでしょうが


チャレンジしたい

 

私にとってチャレンジは生きがいなのですが。
そのチャレンジする場所は他の場所にありました。

 

私がもしもチャレンジをしなくなったら私は生きている価値がなくて
人生は全くつまらないものになってしまうでしょう。

 

ちなみに食事にこだわりすぎている人は
不健康そうな人ばかりだという
話、聞いたことありますか?

 

 

食事は大事です。

 

 

ただし、

 

 

『制限する』

censorship-610101_640

 

これはよくないのです。

「食べたいのに食べれない」

では体が潜在意識の部分で欲してしまうのですね。

 

ですから、

 

「食べたくないから食べない」

 

「食べたいから食べる」


このような考え方にシフトしましょう。

基本はこれが大事です。

 


禁煙と同じです。

 


「吸いたいのに吸えない」ではやめられません

「吸いたくないから吸わない」になった時に止めることができます。

 

 

長い前置きでしたが今私はお肉をたくさん食べます。
お肉をたくさん食べて、ヨガをして筋トレもたくさんしています。


玄米菜食の頃は
ヨガはできても筋トレをする気にはなれませんでした。


玄米菜食の頃の私を否定するのではなく

どう考えても肉を食べている今の方が


健康的だなと感じています。

 

ー適度な糖質制限ダイエットは私もお勧めします。ー

 

糖質制限ダイエットでは
肉はほぼどの種類でも食べることができます。
steak-353115_640
また肉ばかりだとコレステロール値、
中性脂肪なども気になるところですが、
肉は上手に食事に取り入れていくとダイエットは辛く感じないかもしれません。


糖質オフのしすぎもよくないと思いますが

1日3食ともに白米などの炭水化物を食べるのは
あまり理にかなっていないと私は感じます。

 

炭水化物の消化には24時間かかると言われていますからね。
炭水化物は1日1食くらいがちょうど良いでしょう。

 

 
ちなみに私は1日1食です。
そして夜も炭水化物を取らないこともあります。
でも基本的には夜は好きなものを食べるようにしています。

 

ある程度の糖質制限を日常に加えることは私はとてもお勧めいたします。
だってオリンピック選手だったり、芸能人でやっている人

 

多いですからね。
成功者を見習うのは鉄則です。

 

本日の宿題

 

あなたの1日の献立を見直してみてください。

3食炭水化物を取っている人は
1食違うもので代用してみる
などの工夫をしてみてください。

 

 

関連記事

  1. meditation-338446_1280
  2. Therapie shooting Therme Loipersdorf
  3. cropped-IMG_8164.jpg
  4. IMG_8163.png2
  5. beach-1221063_640
PAGE TOP